iPhoneとiPadの画面

 

みなさんこんにちは たぶん小島です。

今回はiPhoneとiPadの画面修理の大まかな違いを紹介したいと思います。

修理価格も所要時間もまったく違うものになりますので大体の目安にして頂ければと思います。

iPhoneの画面修理

やっぱりお問い合わせの多い画面修理。

画面修理といっても色々です。ガラス割れ、液晶漏れ、そもそも画面が表示されない。
原因も様々で、地面に落とした、水の中に落としたetc

色々原因はありますがやることはひとつです。

「画面の交換」これだけです。

え?割れてるだけなのに交換なの?

おっしゃるとおりです。

基本的にiPhoneは次の画像のような構造になっています。

iPhoneの画面

 

絵が雑で申し訳ないですが、簡単に言えばこの3つが1つのパネルとして機能しています。

この3つが圧着されて1つのパネルになっていますので、
ガラスだけ交換してほしいというのは、
無菌室状態を作らなければいけないのでかなり時間を要します。

基本的にはどこの修理屋さんもパネルを交換していると思います。
AGITOは基本的には新品の社外品パネルを使用しています。

あれ?純正品じゃないの?という質問がありますが基本修理屋での純正は無いと思ってください。

たまに純正品と言って修理しているところがありますが大体「中古品」です。
枠だけ新しいものに変えてしまえば見た目にはわかりません。

純正品の新品はほぼアップルでしか調達できません。
あとは新品からパーツをとってしまう。こんな方法もありますね。
しかしiPhoneは商材として市場性が高いので、商売として割には合わないでしょう。

AGITOでは基本的にパーツは社外品でも最高ランクのものを使用しています。
それと専門の検品スタッフを雇っています。品質はお墨付き。
できるだけお客様には良い物を使って頂きたいですからね。

なのでAGITOではちょっと高いけど良いもん使ってまっせってことですね。

気になる方は店頭に来て頂いて実際に自信の目で確認して頂くことも可能です。
ぜひ来店してみてください。色々特典あるかもしれません。

後半に続く!? 続きました その②